【卓球・東京選手権】男子ジュニア・谷垣佑真「台の近くでプレーし相手を振り回せたのが勝因」

国内大会取材記事
@マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

第71回東京卓球選手権大会がSUBARU総合スポーツセンター(三鷹市)で開催され、男子ジュニアの部は、谷垣佑真 (愛工大名電中/愛知)が3-1で田原翔太(明豊中/大分)を下し優勝を決めた。

準決勝で、サウスポー安江光博 (明徳義塾中/高知)の強烈なフォアハンドドライブを攻略しストレートで勝利した谷垣は、同じく準決勝で堀川敦弘 (愛工大名電高/愛知)を下した田原と顔を合わせる。

試合の入りは田原がペースを握った。1-2からフォアハンドドライブで強烈に打ち抜き4連続で得点する。しかし谷垣は、安江の時と同様にバックで少しずつアジャストできるようになり、バックでつないでフォアハンドドライブでラリーに持ち込み得点を稼いでいく。谷垣はラリー戦で流れを手繰り寄せ6-7と1点差まで詰めると、サーブで相手のレシーブを崩し同点とした。

田原も1点返すが、谷垣がロブドライブで緩急をつけて勝ち越すと、最後は得意のバックハンドドライブで11点目を叩きだし第1ゲームを制する。

@マンティー・チダ

勢いに乗りたかった谷垣だが、第2ゲームの出だしは田原のフォアハンドドライブが強烈に決まっていく。0-3とビハインドを許した谷垣だったが、フォアハンドドライブでコースを狙って1点を返すと、チキータも織り交ぜながら4連続得点で5-3と逆転に成功する。田原に一時は逆転、終盤には9-9で同点とされたが、最後はサーブで得点し11-9と第2ゲームも制する。

第3ゲームも立ち上がりは田原が握る。ツッツキも駆使しながらフォアハンドドライブで得点を重ね、5-1とリードする。谷垣は4点ビハインドのまま喰らいつくと、少しずつ相手のフォアハンドドライブの軌道に対応する。6-9からフォアハンドドライブで連続得点をするが、先にゲームポイントを握ったのは田原だった。しかし、谷垣はエッジボールでラッキーな得点をして【DEUCE】に持ち込む。ここからは、田原が先行して谷垣が追いつくという展開が続いたが、最後は田原が連続得点で1ゲームを返した。

第4ゲームは、ここまで出だしが良くなかった谷垣が、バックやフォアを打ち切り、サーブも相手に空振りをさせて、4連続得点でペースを握る。田原の長いサーブに苦しみ、3連続で失点を喫したが、谷垣も長いサーブで得点をし、田原の勢いを止める。しばらく、一進一退の攻防でスコアは7-7となった直後、谷垣はフォアハンドドライブで連続得点し9-7となったところで、田原はタイムアウトを請求。田原は再開後ラリー戦を制し、強打で得点するなど3連続得点で先にゲームポイントを迎えた。しかし、谷垣は10点目をもぎ取り【DEUCE】とすると、フォアハンドドライブで連続得点し、12-10でゲームを獲得。結局ゲームカウント3-1で谷垣が勝利し優勝を決めた。

@マンティー・チダ

「これまで台から離れてプレーしていたが、今回は中陣から前陣、台の近いところでプレーし相手を振り回すことができた」谷垣は決勝戦の勝因をこのように分析した。

台から離れてプレーしていた時、谷垣は「相手に振り回されていた場面が多かった」と話す。そして、決勝戦も追いかける展開の中で、冷静に相手の特徴を掴んでいた。「相手はフォアが強いので、バック対相手の弱いバックで攻められた」と弱みに付け込んだ勝利だった。チキータを使っていた場面もあったが「台上からでもストップやツッツキでなく、チキータを多めに使って有利な展開にしたかった」と作戦通りだったようだ。

第3ゲームは【DEUCE】の末ゲームを落としていたが、追いかける展開で追いつき、DEUCEで粘ったのが、第4ゲームの出だしに繋がった。

「高校生でインターハイベスト4に入ること、将来はオリンピックに出場すること」谷垣は今後の目標をこのように話した。女子ではジュニアから世界で活躍する選手が多い中、男子も張本智和に続くジュニアからの台頭に期待したい。

@マンティー・チダ

第71回東京卓球選手権大会 男子ジュニアの部 最終結果
1位 谷垣佑真 (愛工大名電中/愛知) (写真中央)
2位 田原翔太 (明豊中/大分) (写真左)
3位 安江光博 (明徳義塾中/高知) (不在) 堀川敦弘 (愛工大名電高/愛知) (写真右)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク