【卓球・東京選手権】女子ジュニア・菅澤柚花里「自分の出来ることを出そうと頑張った」

国内大会取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

第71回東京卓球選手権大会がSUBARU総合スポーツセンター(三鷹市)で開催され、女子ジュニアの部は、菅澤柚花里 (ミキハウスJSC/大阪)が3-1で横井咲桜 (ミキハウスJSC/大阪)を下し優勝を決めた。

©マンティー・チダ

ミキハウスJSC同士の決勝となった。第1ゲームは菅澤が先行し、横井が追いかける展開に。4-5から横井がサーブをきっかけに5連続得点で一気に9-6まで持ち込む。終盤、菅澤がドライブロブなどで抵抗するが、最後は横井が逃げ切って第1ゲームを奪う。

第2ゲームも序盤は拮抗した展開に。横井が長いサーブからフォアハンドを決めると、サーブで加点するなど6-5と逆転する。しかし、菅澤もフォアハンドで勝ち越すと、バックハンドで粘りストップレシーブでリーチをかけると、最後はラリーを制し11-8でゲームカウントをイーブンに戻す。

第3ゲームは、出だしから横井がネットインなどで3連続得点。しかし、菅澤も少しずつ追いすがりサウスポーから繰り出すフォアハンドを叩き込み5-5の同点とする。その後は、3球目をフォアハンドで決めるなど優勢に進めた菅澤が11-9でゲームカウントを2-1とリードした。

第4ゲーム、後がない横井は出だしからペースを握りかけるが、菅澤がフォアスマッシュ、サーブで相手を崩すなど4連続得点で5-3と勝ち越しに成功する。横井も粘りをみせ逆転するが、菅澤もバックハンドからフォアハンドで合わせるなど、横井を振り切ってゲームを獲得し、優勝を決めた。

「普段から一緒に練習をしていて、得意なところやそうでない所もわかっているので、自分の出来ることを出そうと頑張った」と戦い終えた菅澤はこう答えた。

「普段とは勝手が違う。緊張した」と話す菅澤は、次の目標であるインターハイに目標を定めた。四天王寺高校はインターハイ6連覇中で、7連覇がかかる。「絶対に優勝したい」と力を込めた。

©マンティー・チダ

第71回東京卓球選手権大会 女子ジュニアの部 最終結果
1位 菅澤柚花里 (ミキハウスJSC/大阪)
2位 横井 咲桜 (ミキハウスJSC/大阪)
3位 三浦千緋呂 (四天王寺高/大阪) 大川 真実 (四天王寺高/大阪)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク