【卓球・アジアカップ】第1ステージ、張本智和はリオ金の馬龍に敗れる

国際大会情報
©マンティー・チダ

文・写真 卓球DEUCE&マンティー・チダ

アジアカップ横浜2019は、4月5日に横浜文化体育館で第1ステージが行われた。

©マンティー・チダ

日本のエース張本智和は、リオデジャネイロ五輪金メダルでアジアカップ5年ぶり5回目の優勝を狙う馬龍(中国)らと同じグループBに入り、総当たりで対戦。そしてお互い2戦目で顔を合わせ、1-3で張本は敗れた。

第1ゲーム、張本は1-2から馬にフォアハンドドライブを決められるなど4失点を喫し、追いかける展開になる。4-9と追い込まれた所から、張本はフォアハンドドライブなど、4連続得点で一気に2点差まで詰めるが、最後は馬にフォアハンドドライブを叩き込まれ、9-11で第1ゲームを落とす。

第2ゲームに入り、張本はバックを主体の攻撃に切り替える。1-1から馬のフォアハンドドライブに対して、バックハンドストップレシーブで得点するなど、5-1とリードする。直後に2点を失うが、張本はチキータを効果的に使い、9-3として優勢に進める。バックハンドドライブがオーバーして失点するが、最後はチキータで馬のレシーブをアウトにさせて、11-6でゲームを取り返す。

©マンティー・チダ

第3ゲームは、馬に主導権を握られ3-8とリードを許す。最後粘りを見せるが、5-11で落として、馬にリーチを許す。

第4ゲームは2-1とリードした張本だったが、強烈なフォアハンドドライブを馬にカウンターで返されるなど、2-4と逆転を許す。張本サイドがタイムアウトを請求すると、サーブで得点するなど、馬に喰らいつき8-8の同点まで持ち込む。しかし、最後は馬にラリーで得点を許すなど、3連続失点で8-11。結局ゲームカウント1-3で張本は敗れた。

©マンティー・チダ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国際大会情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク