【卓球・日本リーグ】ビッグトーナメント奈良大会 シングルスは男女ともにダブルスと2冠

国内大会情報
©日本卓球リーグ実業団連盟

文・卓球DEUCE編集部 写真・日本卓球リーグ連盟

スポンサーリンク

シングルスは男女ともにダブルスと2冠

2019年度の日本リーグ開幕を告げる、ビッグトーナメント奈良大会が、20日にジェイテクトアリーナ奈良でシングルス決勝が行われ、男子は有延大夢(リコー)、女子は宋恵佳(中国電力)が共に初優勝を飾った。

男子決勝は、有延大夢(リコー)と笠原弘光 (シチズン時計)が顔を合わせ、ゲームカウント3-1で有延大夢が勝利。

女子決勝は、宋恵佳(中国電力)と安藤みなみ(十六銀行)の顔合わせ。3-0のストレートで宋恵佳が優勝を決めた。

コメント

スポンサーリンク