【卓球・関東学生新人】男子シングルスは手塚元彌が優勝「何とか勝ち切ることができた」

国内大会取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

2019年度関東学生卓球新人選手権大会は、5月4日にスカイアリーナ座間(神奈川県座間市)で男子シングルス決勝が行われ、手塚元彌(モトヤ、法政大学)が優勝した。

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

手塚が得意のバックで優勝を手繰り寄せる

決勝は平林大青(日本体育大学)との顔合わせ。第1ゲーム、手塚は出だしからフォアドライブ、バック強打で連続得点。しかし、平林も応戦し4-3と接戦に持ち込む。ここから3点リードまで広げた手塚だったが、平林に徐々に拾われる。ドライブでネットインを許した後は、手塚の好打に対して、ストップレシーブで対応し、2点ビハインドから6連続得点で9-10と逆転を許す。しかし、得意のチキータで相手のブロックアウトとした手塚が、連続得点で10-10として【DEUCE】に持ち込む。その後、平林に粘られるものの、最後は手塚がフォアドライブ、チキータで14-12として、第1ゲームを奪う。

第2ゲームに入り、両者互角な戦いぶりを見せる。手塚は3-3からバックレシーブ、バックブロックと、得意のバックで3連続得点して優勢に立つ。一方の平林も、台上で相手を翻弄して喰らいつくが、最後は手塚がフォアを決めて11-8として、第2ゲームも獲得する。

第3ゲーム、6-6から先に抜け出したのは手塚だった。フォアドライブ、チキータを織り交ぜながら9-6とリードをする。しかし、手塚はここから得意のバックでミスが続く。一度はラリー戦を制するが、平林に10-10の【DEUCE】まで持ち込められる。しかし、11点目を得意のバックで獲得すると、最後は平林のレシーブがネットにかかり、12-10でこのゲームを制すると共に、シングルス優勝を決めた。

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

「フォアを狙われたときが課題」

手塚は決勝戦こそストレート勝ちを収めたが、決して楽な戦いでは無かった。準々決勝の稲木晨悟(専修大学)戦は、第1ゲームは【DEUCE】の末で獲得、第3ゲームは9-11で落として、第4ゲームは逆に11-9でぎりぎりのところで勝利を掴んでいた。準決勝の神野翔太(専修大学)戦も、第1ゲームは落とすところから始まったが、その後は持ち直し3連続でゲームを奪取していた。

「大学生になって、最初の大会で優勝できて良かった」と手塚は喜んだが、この大会を通じて成長できた部分、課題になった部分も見えていたようだ。

大会通じて、試合の入りは良くなかったそうで「出だしが良くない場面でも、何とか勝ち切ることができた」と成長した部分をこのようにあげた。

得意のバックは、時には厳しいコースを突き、相手の強打に対しても、しっかり低い姿勢でボールを拾っていた。「バックに関しては、1回戦からしっかりやらないといけない。決勝戦はバック対バックで優位になっていたけど、決勝はどんどんフォアを狙われていた。フォアを狙われたときが課題」とした。

得意なシーンを作れる場面ばかりではない。そして、調子の変動もある。これから学年を上がっていく上で、弱点を狙われた時でも、自分の戦いができるかが大事になるだろう。春のリーグ戦でも期待したい。

©マンティー・チダ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク