【卓球・日本リーグ男子】協和発酵キリン松平賢二「キャラクターの豊富さをアピールしたい」

松平賢二 国内大会取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

2019年度前期日本卓球リーグ男子は、千代田区立スポーツセンター(東京都千代田区)で24日にホームマッチが行われ、ホームの協和発酵キリンが、愛知工業大学をマッチカウント3-1で開幕戦を白星とした。主将・松平賢二は3番手のダブルスでストレート負けした後、4番手のシングルスで松山祐季と対戦した。

松平賢二

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

多くのファンを前にして、シングルス粘りの勝利

第1ゲーム、出だしは松平がフォアを中心に得点を重ねリードを奪うが、松山に3-1から3球目をフォアハンドドライブで決めて返されると、サーブでペースを掴まれ、松平のショットを拾ってフォアハンドドライブでラリーを取られて3-4と逆転を許す。

しかし、松平はここで崩れることなく、3連続で得点して再び勝ち越すと、今度はバックハンドで得点を重ねて、11-8で第1ゲームを制する。

第2ゲームは、松平が先行して、松山が追いかける展開となるが、3-3から松山のサーブを松平がアウトすると、レシーブで良く拾うが失点が続き、3-6と松山にリードを許す。しかし、松平はここでも喰らいつき、サーブで主導権を取り返すと、バックとフォアのコンビネーションで6-6の同点まで持ち込む。ここからシーソーゲームの展開になって、先に松山に10点を許した松平。一旦は、バックフリックで10-10の【DEUCE】まで粘るも、最後は松山にサーブを決められて、10-12で松山にゲームを奪われる。

第3ゲームに入ると、両者一歩も譲らず8-8と互角の戦いを見せる。松平は、松山のサーブミスに付け込んで、一気に勝負をつけた。11-8で第3ゲームを獲得。

第4ゲーム、松平は後がない松山に出だしからラリーを奪われるなど、1-3とリードを許す。しかし、フォアハンドドライブで、松山の連続得点を止めた松平が、強気に攻めて4-3と勝ち越しに成功。その後、5-4から松山にフォアハンドカウンターショットを決められるなど、4連続得点を許して、5-8とされた松平は、フォアハンドドライブ、フォアカウンターを立て続けに決めて1点差に詰めていく。追い詰められた愛知工業大学ベンチはタイムアウト。松山も粘りを見せて、9-10と先にゲームカウントを迎える。しかし、松平はバックハンドで相手のレシーブアウトを誘うと、最後はフォアハンドドライブなど連続得点で勝負あり。12-10で第4ゲームを奪取。ゲームカウント3-1で松平が勝利を掴むとともに、協和発酵キリンが愛知工業大学をマッチカウント3-1で制して、ホームマッチ開幕戦を勝利で飾った。

松平賢二

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

「初めてここの会場でやらせてもらったので、変な緊張感はあった」

「初めてここの会場でやらせてもらったので、変な緊張感はあった」と松平は試合後こう切り出した。

協和発酵キリンは、日本卓球リーグホームマッチを、今回初めて千代田区スポーツセンターで実施。これまでの「協和発酵キリン板橋卓球場」(東京都板橋区)よりも会場は大きくなり、ファンも500人近くが会場に詰め掛けた。

「平野が良い流れを作ってくれた」と1番手で出場した平野友樹を称えたが、平野と組んだダブルスでは、松山祐季・木造勇人組(愛知工業大学)にストレートで敗れた。そして、第4マッチ、ダブルスで敗れた松山とシングルスで再び顔を合わせる。

「松山君とは打ち合いになるので、独特な雰囲気の中、やりづらい部分もあったが、5番に渡辺が控えているという安心感はあったので、いつもよりは楽にやれた」と5番手には、2017年度全日本選手権ベスト8の実績を持つ、新人の渡辺裕介(明治大学卒)が控えていたからこそ、松平は粘り強く試合を勝ち切ったのだ。

松平賢二

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

「日本卓球リーグ選手会」会長に就任

松平は、4月に誕生した「日本卓球リーグ選手会」の会長に就任した。日本卓球リーグ実業団所属の選手が主体となって、リーグの活性化、ファン獲得を中心に活動する。選手会発足後、初の公式戦を迎えた松平は、台上だけでなく、自らプレゼント企画のMCを担当するなど、台の内外で大いに盛り上げていた。イベントが終わると、詰めかけたファンと談笑しながら、笑顔に写真撮影やサインに応じる。

【日本卓球リーグ選手会】
公式ツイッター https://twitter.com/jttlplayers2019
公式faceBook  https://www.facebook.com/jttlplayers2019/

昨季のTリーグで、松平は琉球アスティーダの一員としてプレーしていた。

「Tリーグが始まり、卓球がメディアにかなり出るようになって、卓球の認知度が上がっている」

松平は、昨今の卓球人気を肌で感じていた。ただ、松平は日本卓球リーグの協和発酵キリンに所属する選手でもある。「僕たちは、うまくお客さんを取り入れられればと思っている。最近は『卓球の試合があるよ』と言えば、近くの人たちが見に来てくれるようになった。そういう人たちに、日本卓球リーグを見て『あっ面白い』と思ってもらえるような演出やプレーを心掛けていきたい。今日、これだけお客さんが来てくれて、試合も熱戦だったので、また見に行きたいと思ってもらえたら。お互いがウィンウィンにできる組織にしていきたい」

日本卓球リーグから、Tリーグに参戦した松平ならではの感想だろう。そして、4月から自らが会長になり「日本卓球リーグ選手会」を発足した。

「観客を増やすために、選手が自発的に盛り上げていこうという取り組みをしつつ、観客の声をもっとリアルに拾っていくことが大事。僕たちもSNSで観客の声はよく聞くので、そこから取り入れられる事は取り入れたい。ファンの皆さんともっと近くになれるような組織を作っていきたい」と松平は選手会発足にかける想いを話した。

「もちろん日本卓球リーグを良くするために、日本卓球リーグ連盟の意見を聞き、選手の想いを吸い上げた上で、選手会として意見を言いながら、何か新しいことができればと思う。違った角度から日本卓球リーグをうまく盛り上げたい」と連盟と協力する姿勢を見せる。

選手会の理念はこれから固めるようだが、当面は「観客を増やして、皆さんの心を掴んで、もっと見に来てもらう事が大事。日本卓球リーグを認知してもらうこと」が活動の中心になる。

そして、日本卓球リーグ選手会では「キャラクターの豊富さを全面にアピールしたい」と松平は言う。「かなり色んなキャラクターがいるので、1部・2部、男女含めて、新人もそうですけど。日本リーグ1部の上の人たちだけでなく、若い選手たちもそうですし、2部の子も、女子もそうですし、色んな人がもう少し日の目を見て、卓球をできるような環境を作れれば」と決意を新たにした。

日本卓球リーグ選手会は、ツイッターで今年の新人選手を、それぞれの個性を生かした形で紹介している。ぜひ、それを見た上で、会場に足を運んでほしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク