【卓球・日本リーグ男子入替戦取材レポート】リコーが信号器材を下して貫禄の1部残留

リコー卓球部写真 国内大会取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

スポンサーリンク

リコーが信号器材を下して貫禄の1部残留

2019年度前期日本卓球リーグ入替戦が、リコー大森会館(東京都大田区)で23日に行われ、前期1部7位のリコーが、同じく2部2位の信号器材をマッチカウント3-0で下し、1部残留とした。

先日開催された第69回全日本実業団卓球選手権大会準々決勝と同じ顔合わせとなったこのカード。信号器材に勝利したリコーが、決勝では東京アートに敗れたものの、準優勝と結果を残すことができた。そして、入替戦で再び顔を合わせた両チームは、共にオーダーも変えてきたのである。

リコー(1部7位) 3-0 信号器材(2部2位)
山本勝也 3-0 福田修也
郡山北斗 3-1 北原大輝
鹿屋・有延組 2-1 北原・渡辺組

スポンサーリンク

山本勝也(リコー) 3-0 福田修也(信号器材)

第1マッチで出場した山本勝也(リコー)は、これまでリーグ戦に出場はあったが、1番としては今季初出場となり、福田修也(信号器材)が相手になった。第1ゲーム、山本は5-3と福田にリードしたが、フォアラリーからショットがアウトになると、バックでもミスが目立ち3連続失点として、福田に逆転を許す。しかし山本は、逆転されても慌てることがなく、相手のショットからバックカウンターを打ち込むと勢いに乗って、6連続得点で11-6として第1ゲームを制した。

第2ゲームに入っても、序盤は山本がペースを握るが、福田に追いつかれ5-5のイーブンで後半へ。追いつかれた山本だったが、バックでラリー戦を制すると、チキータも決まり、第1ゲームに続いて6連続得点、11-5で勝負をつけて、リーチをかける。

第3ゲームに入ると、山本が福田にラリーで粘られるも、得点につないで、4-3と優位に進める。そして、ラリー戦など3連続得点で引き離した山本が、終盤にはサーブで得点を加点。11-4で圧勝し、第1マッチは山本がマッチカウント3-0のストレートで、福田を下す。

山本

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

郡山北斗(リコー) 3-1 北原大輝(信号器材)

第2マッチは、郡山北斗(リコー)と北原大輝(信号器材)のサウスポー対決。第1ゲーム、郡山がサーブからの3球目で勝負して優位に進めていくが、北原にサーブを攻略されるなど、9-8と1点差までつめられる。しかし、最後は郡山がフォアドライブで連続得点。11-8で第1ゲームを制する。

第2ゲームも郡山が立ち上がりをリードして、このまま優位に進めるかと思われたが、チキータがネットにかかるなどミスもあって、6連続失点で4-7と北原に3点リードを許す。しかし、郡山はサーブで連続加点し勢いを取り戻すと、バックなどで8-9まで迫り、最後はフォアで押し込むなど3連続得点で11-9と逆転でこのゲームも制する。

第3ゲームに入ると、北原がロングサーブでペースを握り、試合をリードするが、郡山もフォアドライブで応戦し、1点差で付いて行く。1点差に迫られた北原だったが、フォアフリックで得点するなど3連続得点で一気にリーチ。郡山のYGサーブに苦しんだが、最後はサーブで得点して、1ゲーム取り返した。

第4ゲーム、サーブからの得点などでペースを掴んだ郡山だったが、北原にラリー戦へ持ち込まれるなど、3連続失点を喫し逆転を許す。しかし、速い勝負で再逆転をして郡山が終盤に加点をして勝負あり。ゲームカウント3-1で郡山が勝利した。

郡山

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

鹿屋良平・有延大夢組(リコー) 2-1 北原大輝・渡辺聡太組(信号器材)

第1ゲーム、出だしから互角の勝負を繰り広げる。リコーペアが優勢になりかけたが、鹿屋、有延ともにバックでミスを重ねるなど、相手に得点を与えてしまう。しかし、7-10と信号器材ペアにリーチをかけられたところから、リコー組は有延がフォアドライブ、バックでなど4連続得点で、DEUCEを経てゲームポイントをかけると、最後は鹿屋が相手サービスからフォアドライブで12点目を決めて、12-10でリコーペアが第1ゲームを奪う。

第2ゲーム、4-4までお互い譲らない展開だったが、渡辺(信号器材)のフォアをきっかけに3連続得点で引き離す。リコーペアも有延がフォアフリックで応戦するが、11-8で信号器材ペアが奪い返し、勝負の行方は第3ゲームに持ち越された。

第3ゲームに入ると、リコーペアが出だしからリードを広げていく。2-2から一気に7連続得点を果たしたリコーペア。その間、信号器材ペアは何もできない。10-3とマッチポイントを迎えたリコーペアだが、有延が2本続けてミスショット。しかし、最後は有延得意のフォアドライブで最後は締めた。ゲームカウント2-1でリコーペアはこのダブルスを制した。そして、マッチカウント3-0でリコーが信号器材を下して、この瞬間1部残留を決めた。

有延・鹿屋

©マンティー・チダ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク