【卓球・学生】全日学女子ダブルス展望

国内大会情報
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ(卓球DEUCE)

学生日本一を決める第86回日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)が京都・島津アリーナで25日から27日まで行われる。

卓球DEUCEでは、各種目の見どころをお届けする。第2回目は女子ダブルス。

第1シード 岩越 帆香・笹尾 明日香(早稲田大学)
第2シード 熊中 理子・三條 裕紀(青山学院大学)
第3シード 松本 静香・上田 真実(愛知工業大学)
第4シード 森田 彩音・梅村 優香(中央大学)

スポンサーリンク

Tリーガーペアが学生日本一に輝くか?

女子ダブルスは昨年準決勝で涙をのんだ岩越帆香・笹尾明日香(早稲田大学)が第1シードに入るが、第4シードの森田彩音・梅村優香(中央大学)組を優勝候補に推したい。森田・梅村組はTリーグ・TOPおとめピンポンズ名古屋でもダブルスでペアを組み、2戦2勝と結果を残した。順当に勝ち上がれば、準決勝で秋季関東リーグ戦では無敗だった岩越・笹尾組と顔を合わせる。

反対のゾーンには、秋季関東リーグ戦で森田・梅村組に勝利し、岩越・笹尾組に敗れている熊中理子・三條裕紀(青山学院大学)が第2シードだが、森田・梅村組と同じ中央大学の瀬山咲希・山本笙子(中央大学)が不気味な存在。秋季関東リーグ戦では岩越・笹尾組に敗れたが、5勝1敗の好成績を残している。青山学院大学の秋季リーグ戦を制したダブルスペアに雪辱を果たせるか。

その他では、インカレ覇者愛知工業大学から第3シード松本静香・上田真実(愛知工業大学)、秋季関東リーグ戦では6勝0敗だった第12シードの鎌田那美・金子碧衣(早稲田大学)も気になるところだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク