【卓球・学生】全日学男子シングルス展望 及川・三部の専大勢に明大・龍崎が挑む

国内大会情報
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ(卓球DEUCE)

学生日本一を決める第86回日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)が京都・島津アリーナで25日から27日まで行われる。

卓球DEUCEでは、各種目の見どころをお届けする。第3回目は男子シングルス。

第1シード 及川 瑞基(専修大学)
第2シード 硴塚 将人(早稲田大学)
第3シード 三部 航平(専修大学)
第4シード 龍崎 東寅(明治大学)

スポンサーリンク

及川・三部の専大勢に明大・龍崎が挑む

昨年の大会では、ベスト4のうち専修大学勢が3人を占めた。そのうちの2人、及川瑞基と三部航平が上位シードを形成する。及川は順当に勝ち上がれば、4回戦で青山昇太(法政大学)、準々決勝では金光宏暢(日本大学)と一ノ瀬拓巳(中央大学)の勝者と顔を合わせる。激戦必至のブロックを勝ち上がれるかだろう。

秋季関東リーグ戦では、体調も思わしくない中でシングルスに専念して全勝を果たした三部も難敵ぞろいのブロックに入った。成長株の手塚元彌(法政大学)、世界選手権ダブルス代表の木造勇人(愛知工業大学)ら相手にどんな戦いをみせてくれるのだろうか。

春季関東リーグ戦でシングルス・ダブルス計14勝の龍崎東寅(明治大学)もタイトルを狙える位置にある。渡井丈人士(駒澤大学)、T.T彩たまでもプレーする髙見真己(愛知工業大学)、さらにユニバ代表の五十嵐史弥(早稲田大学)と同じブロックに入ったが、ラリー戦に持ち込み、フォアハンドドライブが安定すれば勝機はあるだろう。

第2シードの硴塚将人(早稲田大学)は、先日の秋季関東リーグ戦では3勝2敗とダブルス同様に結果を残せなかった。最後の全日学で結果を残したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク