【卓球・学生】全日学男子ダブルス展望

国内大会情報
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ(卓球DEUCE)

学生日本一を決める第86回日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)が京都・島津アリーナで25日から27日まで行われる。

卓球DEUCEでは、各種目の見どころをお届けする。第1回目は男子ダブルスから。

第1シード 硴塚 将人・緒方 遼太郎(早稲田大学)
第2シード 及川 瑞基・三部 航平(専修大学)
第3シード 松山 祐季・髙見 真己(愛知工業大学)
第4シード 内村 秀平・内村 英司(日本体育大学)

スポンサーリンク

及川・三部組が安定感を発揮か

男子ダブルスは上位シードも含めて混戦模様になりそうだ。昨年覇者で第1シードの硴塚将人・緒方遼太郎(早稲田大学)は、関東秋季リーグ戦で第1戦から3連敗を喫するなど3勝4敗と精彩を欠いた。昨年の大会を制した勢いを出せるかがカギだ。

第2シードの及川瑞基・三部航平(専修大学)は関東春季リーグ戦6勝1敗、インカレでも2勝と結果を残した。総合力で言えば、このペアが最有力だろう。その関東春季リーグ戦で及川・三部組に唯一の土をつけて7戦全勝し、春季・秋季ともに最優秀ペア―賞を獲得した第7シードの龍崎東寅・沼村斉弥(明治大学)も侮れない。順当に勝ち上がれば、この両ペアがベスト8で対戦する。及川・三部組とすれば、準々決勝が一番のヤマ場になりそうだ。

第3シードの松山祐季・髙見真己(愛知工業大学)組は、Tリーグ・T.T彩たまの一員として、愛知工業大OBの吉村和弘・吉田雅己組(岡山リベッツ)を下している。力通りの力を出し切れば4強は堅い。第4シードの内村秀平・内村英司(日本体育大学)は秋季関東リーグ戦4勝3敗と波に乗り切れなかったが、強者ぞろいのペアが揃うブロックで昨年の再現を狙えるか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク