【卓球・全日本学生選抜】木村香純が覚醒、森田・笹尾らを下して初優勝

国内大会取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

2019年(令和元年度)第16回全日本学生選抜卓球選手権大会が、埼玉県・所沢市民体育館で11月24日に最終日を迎え、女子決勝は木村香純(専修大学)が森田彩音(中央大学)を下して初優勝を飾った。

スポンサーリンク

木村香純が覚醒!森田彩音を下して全日本学生選抜を制覇

会場にいた関係者や観客は、木村のプレーぶりに驚きを持っただろう。一皮むけたというか、覚醒したというか、木村は2日間通じて絶好調だった。

「全国で優勝したのが初めてだったので、全然実感がないのですが。すごく嬉しいです」

現在2年生の木村は、今夏の全日学ベスト16入りすることが出来ず、主管学連(関東)推薦の1人として今大会に参加。予選リーグでは森田や昨年優勝の笹尾明日香(早稲田大学)といったTリーガーと同じAブロックに入る。決して楽なブロックでは無かったはずだが、森田に対して3-0、笹尾にも3-1と勝利し、全勝で1位通過を果たした。

©マンティー・チダ

「結構自信になりましたね。逆に力が抜けて試合が出来たかなと思います」

木村は初日の予選リーグをこのように振り返った。2日目の決勝トーナメントでは、初日の勢いそのままに勝ち上がり、決勝で再び森田と対戦する。中央大学のエースでもあり、全日学を制して個人2冠を狙っていた森田に対し、木村は怯むことなく勢いのあるロングサーブでペースを掴むと、バック同士の打ち合いになっても勢いで押し込んでいった。

「いつもならごちゃごちゃ考え過ぎちゃって、それで空回りして調子が悪くなってしまうのですが、今日はあまり何も考えずにフラットな状態で最初から試合ができたので、それが良かったのかなと思います」

木村は無心でコートに立っていた。絶好調のバックハンドに加えて、サーブから3球目のフォアドライブも効果的に決めていく。「バック対バックだけで勝負しようと思ったら難しいので、今回すごく動く練習をしてきました。オールフォアとかで。練習の成果が出ました」

まさに練習の質と量のバランスが、全日本選抜のタイトルをグイっと引き寄せた格好だ。そして、実績では格上の森田に対して2連勝できたことも大きい。「1回勝った強い相手に次の日もう一回当たると負ける事が普通なのですが、そういうのも考えずに吹っ切れてできました」

勢いというものは恐ろしいもの。ただ、勢いだけで格上の選手に2連勝できることは容易ではない。バック対バックになっても怯まない姿勢が、木村にとって成長の手助けになったようだ。

来年は3年生としてシーズンを迎える。個人としての成長も大事だが、専修大学のエースとしてチームを引っ張る立場にもなる。ここ数年、リーグ戦は青学、早大、中大が中心だが、ここに専大が入り込めるのかも注目だ。

©マンティー・チダ

スポンサーリンク

木村香純(専修大学)全日本学生選抜卓球選手権大会成績

予選リーグAブロック 3勝0敗
木村 香純 3-1 笹尾明日香(早稲田大学)
木村 香純 3-0 森田 彩音(中央大学)
木村 香純 3-0 坂元 睦月(福岡大学)

決勝トーナメント
1回戦
木村 香純 4-2 田口瑛美子(筑波大学)
準々決勝
木村 香純 4-1 奥下 茜里(日本大学)
準決勝
木村 香純 4-0 鎌田 那美(早稲田大学)
決勝
木村 香純 4-2 森田 彩音(中央大学)
木村は初優勝

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク