【Tリーグ】TT彩たま新加入ジオニスが張本と丹羽に快勝 琉球と入れ替わりで2位浮上

Tリーグ取材記事
©マンティー・チダ

文・写真 マンティー・チダ

Tリーグは30日にアリーナ立川立飛で男子1試合が行われ、T.T彩たまが木下マイスター東京にマッチカウント3-2で逆転勝利。琉球と入れ替わり2位に浮上した。

T.T彩たまは第1マッチのダブルスでは明治大学時代にダブルスを組んでいた神巧也/平野友樹組が接戦の末で落とし、第2マッチではピッチフォードがフルゲームの末、張本智和に敗れてマッチカウント0-2と追い込まれるが、第3マッチでは松平健太が多彩なサーブからのフォアドライブでホウ エイチョウを翻弄し、第4マッチに登場した新加入のジオニスも経験値と巧みな技で丹羽孝希にストレート勝ちを収め、2-2と五分としてビクトリーマッチに持ち込む。

ビクトリーマッチにはT.T彩たまが第4マッチに続きジオニスが、木下マイスター東京は張本がコートに入る。

出だしからジオニスが安定したプレーを披露し、張本のショットミスを誘うなど3連続得点で先手を取る。張本もチキータで応戦し点差を詰めて1点を争うシーソーゲームとなったが、最後はジオニスが8-6からカウンターショットを決めるなど3連続得点で一気に勝負を決めた。

Tリーグ男子は1月25日に再開し、T.T彩たまは深谷ビッグタートルに琉球を迎えてホームゲームを行う。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
Tリーグ取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク