【Tリーグ】木造勇人が琉球アスティーダとサードシーズン契約合意

Tリーグ情報
©マンティー・チダ

文・卓球DEUCE編集部

琉球アスティーダは、木造勇人(愛知工業大学)とサードシーズン契約合意を発表。吉村真晴、戸上隼輔に次いで3人目の登録選手となった。

木造は昨シーズン琉球に所属し、シングルス3勝4敗、ダブルス4勝5敗で終了。開幕当初は勝利に恵まれなかったが、2020年に入って、吉村とペアを組んだダブルスで田添健汰/宇田幸矢(木下マイスター東京)を下して波に乗ると、シングルスでも水谷隼、丹羽孝希(共に木下マイスター東京)に勝利するなど、チームのプレーオフファイナル進出に貢献。今季は更なるステップアップが期待できる。「昨シーズン、個人の成績では負け越していたので、サードシーズンではチームに貢献できるように精いっぱい戦いたい」と木造はチームの公式YouTubeで意欲を示した。

琉球・早川周作社長は「2ndシーズンを共に戦ってきた若手のエース木造選手と契約更新の合意に至り、大変嬉しく思います。前シーズンで厳しい辛い戦いを積み重ね様々な経験をし、大きく成長してくれました。3rdシーズンも益々の成長と活躍を心から期待しております」と期待を寄せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
Tリーグ情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)をフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)】

コメント

スポンサーリンク