【関東学生】関東学生新人選手権大会、5月2日・3日に開催せず

国内大会情報

文・卓球DEUCE編集部

関東学生卓球連盟は、新型コロナウイルス感染による政府の緊急事態宣言を受けて、関東学生新人選手権大会を5月2日・3日に開催しない事とした。日程の延期や中止など、今後の予定は未定としている。

関東学生新人選手権大会は、過去に全日本学生卓球選手権大会及び全日本学生選抜選手権大会のいずれにも出場していない選手を出場資格として毎年5月上旬に行われ、今年は5月2日と3日にスカイアリーナ座間を会場として開催することになっていた。

今年の4月に入学した1年生にとっては大学入学後最初の公式戦。過去には大島祐哉(早大卒)、森薗政崇(明大卒)ら日本代表経験者が優勝し、その後の実績に繋げている。昨年は、シングルスを男子・手塚元彌(法大)、女子・岡崎日和(東洋大)、ダブルスを男子・上村太陽/星翔太、女子・大島奈々/永道麻依加が制し、ダブルスでは専修大学がアベック優勝を達成していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
国内大会情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
卓球DEUCEをフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【卓球DEUCE】

コメント

スポンサーリンク