「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」Tリーグ選抜VS.日本代表選抜 第7M 戸上 隼輔 10-11 張本 智和

Tリーグ取材記事
©マンティー・チダ

「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」は14日に開催、Tリーグ選抜が日本代表選抜をマッチカウント5-4で下した。この大会は男子シングルス5試合、女子シングルス4試合でカードが組まれ、11本先取の1ゲームマッチ(デュースなし)。タイムアウト、チェンジコートなしで行われた。

スポンサーリンク

第7マッチ 戸上 隼輔 10-11 張本 智和

立ち上がりから互角の勝負だったが、張本は戸上にフォアとカウンターを許して2-5と追いかける展開に。その後、張本は3-8までリードを広げられたが、磨きをかけてきたバックで徐々に追い詰めていく。8-10と戸上に追い詰められたが、張本はフォアドライブ、バック、サーブで3連続得点として逆転に成功。11-10で戸上を下した。

【試合後の張本 智和コメント】

追いつこうと思って戦っていました。団体戦の経験が少なかったので、勝利ができてうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
Tリーグ取材記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)をフォローする
スポンサーリンク
卓球専用メディア【Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)】

コメント

スポンサーリンク