「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」Tリーグ選抜VS.日本代表選抜 第1M 神 巧也 4-11 張本智和

スポンサーリンク
Tリーグ取材記事
©マンティー・チダ
スポンサーリンク
仲介手数料無料のアパート紹介

「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」は14日に開催、Tリーグ選抜が日本代表選抜をマッチカウント5-4で下した。この大会は男子シングルス5試合、女子シングルス4試合でカードが組まれ、11本先取の1ゲームマッチ(デュースなし)、タイムアウト、チェンジコートなしで行われた。

スポンサーリンク

第1マッチ  神 巧也 4-11 張本智和

出だしから神のフォアドライブなどで2失点を喫した張本だったが、フォアで1点を返してYGサーブの展開で同点とすると、自粛期間中に強化をしてきた得意のバックが炸裂。一気に7-2までリードを広げる。神に強烈なフォアドライブで1点返されるが、その後も順調に得点を伸ばす。最後はバックで連続加点し11-4と先陣を白星で飾った。

【試合後の張本智和コメント】

とにかくミスをしないように心掛けた。バックハンドは自粛期間中に強化をしてきたので良かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]
Tリーグ取材記事
スポンサーリンク
Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)をフォローする
卓球専用メディア【Takkyuu DEUCE(卓球DEUCE)】

コメント