【Tリーグ】T.T彩たまが木下マイスター東京から意地の勝利、英田理志が張本智和にストレート勝ち

スポンサーリンク
Tリーグ取材記事
©T.LEAGUE
スポンサーリンク
仲介手数料無料のアパート紹介

文 マンティー・チダ

Tリーグは19日、アリーナ立川立飛で男子1試合が行われ、T.T彩たまが木下マイスター東京をマッチカウント3-1で下した。

スポンサーリンク

英田理志がバックカットとバック強打で張本智和を圧倒

©T.LEAGUE

T.T彩たまは第1マッチのダブルスを逆転で制すると、第2マッチのシングルスではカットマン#19英田理志が登場し、木下マイスター東京#17張本智和と対戦。

英田は第1ゲームの出だしこそ張本にペースを握られるが、2-5から回転量の多いカットで張本のショットミスを誘う。

その後、逆転に成功するとバックサーブから得点を奪いゲームを先取。

第2ゲームに入っても英田のペースが続く。サーブからの3球目で強烈なバックを決めれば、緩急をつけて張本に思うようなショットを打たせない。

6連続得点後にミスで1点失うが、そこから5連続得点で一気にゲーム連取を果たして最終ゲームへ。

第3ゲームに入り英田は張本に3-7でリードを奪われるが、この日好調のバックとサーブで張本を追撃。

終盤には4-9から5連続得点するなど、一気に10-10まで追いつき、最後は張本にミスが出て11-10。ゲームカウント3-0のストレートで勝利した。

英田は、2月13日にビクトリーマッチで張本と対戦して敗れていた。

しかし、T.T彩たま坂本竜介監督は「ビクトリーマッチは1ゲームマッチなので(通常の試合と)同じではない。第2マッチに張本が出てくると予想し英田をぶつけた。今日が事実上の初対戦なので」と英田の起用に関して思惑通りだったことを明かす。

「ビクトリーマッチの時は相手にいなされていたので、今回は相手に打たせようと考えた」と英田は張本に打たせてミスショットを誘った。

「相手を見ながらコースを変えていた」と状況に応じて、張本のフォア側、バック側にボールを散らすなど、冷静な戦いぶりを見せる。

英田は#37松平健太に次ぎ、今シーズンチーム2位の勝利数。

「サードシーズンで一番成長した。補強のつもりで入れたのではない。本人が頑張ってくれた」と坂本監督は英田の成長に目を細める。

T.T彩たまはレギュラーシーズン1試合を残して、5勝15敗の勝ち点22で最下位。

昨シーズンの最多勝だった#15神巧也がシングルスで3勝と振るわなかったことから、チームは苦しんだ。

若手の曽根翔、篠塚大登ペアがダブルスで9勝を数えただけに悔やまれるところである。

しかし、見方を変えればひとつのきっかけから一気に好転するのが、卓球の面白いところだ。

T.T彩たまは、20日に今シーズンの最終戦を控えている。相手は再び木下マイスター東京。

木下マイスター東京にすれば、レギュラーシーズン1位通過のためには、もう負けが許されない。

シーズン序盤から勝ち星に恵まれなかったT.T彩たま。

この日も「プロとして最後まで責任を持ってプレーしよう」と坂本監督は選手を送り出している。

もう1試合、意地を見せてもらいたいところだ。

©T.LEAGUE

コメント