国内大会情報

国内大会情報

【卓球・関東学生】全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部出場者決定(女子)

関東学生卓球連盟は、第86回・全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部(女子)に出場する選手を発表した。昨年準優勝の森田彩音(中央大学)、ユニバーシアード代表の笹尾明日香(早稲田大学)、瀬山咲希(中央大学)らが出場する。
国内大会情報

【卓球・関東学生】全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部出場者決定(男子)

関東学生卓球連盟は、第86回・全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部(男子)に出場する選手を発表した。専修大学からは、昨年優勝した及川瑞基をはじめ、シングルス15名、ダブルス7組を送り込む。
国内大会情報

【卓球・全日本実業団女子】十六銀行が昨年覇者の日立化成を下して優勝

第69回全日本実業団卓球選手権大会は、和歌山ビッグホエールで21日、女子決勝が行われ十六銀行(岐阜)が昨年女王の日立化成(茨城)を3-2で下して、前期日本リーグに続いて、実業団の頂点に立った。
スポンサーリンク
国内大会情報

【卓球・全日本実業団男子】東京アートが6年ぶり制覇

第69回全日本実業団卓球選手権大会は、21日に和歌山ビッグホエールで男子決勝が行われ、東京アート(東京)がリコー(東京)を3-2とフルゲームの末で下して、6年ぶりに実業団の頂点に立った。
国内大会情報

【卓球・全日本実業団女子】昨年覇者日立化成、前期リーグ女王十六銀行らがベスト4へ

第69回全日本実業団卓球選手権大会は、和歌山ビッグホエールで大会3日目を迎え、女子はベスト4が揃った。昨年覇者の日立化成(茨城)は、 サンリツ(東京)を3-2のフルゲームで下し、前期日本リーグを制した十六銀行(岐阜)は、中国電力(広島)をストレートで勝利して、4強進出を決めた。21日に優勝チームが決定する。
国内大会情報

【卓球・全日本実業団男子】昨年覇者のシチズン時計、リコーらが4強進出

第69回全日本実業団卓球選手権大会は、和歌山ビッグホエールで大会3日目を迎え、男子はベスト4が揃った。昨年覇者のシチズン時計(東京)は、日鉄物流ブレイザーズ(和歌山)を3-0で下し、23日の日本リーグ入替戦の前哨戦となったリコー(東京)と信号器材(神奈川)の対戦は、リコーがストレートで勝利して、4強進出を決めた。21日に優勝チームが決定する。
国内大会情報

【卓球・全日本インカレ】女子最終日 愛知工業大学が22年ぶり4回目の優勝 男子と同時優勝

第89回全日本大学総合選手権大会(団体の部)は女子決勝が行われ、愛知工業大学が東洋大学を3-0で下し、第67回大会以来22年ぶり4回目の優勝となり、男子と同時優勝となった。殊勲賞には、石田葵(愛知工業大)が選ばれた。
国内大会情報

【卓球・全日本インカレ】最終日 男子は愛知工業大学が4年ぶり6回目の大学日本一

第89回全日本大学総合選手権大会(団体の部)は男子決勝が行われ、愛知工業大学が筑波大学を下して、5年ぶり6回目の大学日本一に輝いた。殊勲賞には髙見真己(愛知工業大)が選出。
国内大会情報

【卓球・全日本インカレ】3日目女子 昨年女王早稲田大敗れる 中央大らがベスト4進出

第89回全日本大学総合選手権大会(団体の部)は3日目を迎え、女子は決勝トーナメント準々決勝まで行われた。昨年覇者の早稲田大は関西学院大に敗退。ベスト4には東洋大、青山学院大、愛知工業大、中央大が進出。
国内大会情報

【卓球・全日本インカレ】3日目男子ベスト4決定 明治大と早稲田大が敗退

第89回全日本大学総合選手権大会(団体の部)は3日目を迎え、男子は決勝トーナメントが行われて、ベスト4が出揃う。決勝トーナメント2回戦で優勝候補の明治大学が日本体育大学に、同じく早稲田大学も関西学院大学に敗退。ベスト4には、専修大学、愛知工業大学、筑波大学、関西学院大学が勝ち上がった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク