日本卓球リーグ

国内大会情報

【日本リーグ前期】女子は昭和電工マテリアルズが22期ぶり2回目の優勝、MVPは石川佳純が受賞

2021年度日本卓球リーグ前期千葉大会は6月28日に全日程が終了し、女子1部は昭和電工マテリアルズが6勝1敗で22期ぶり2回目の優勝を決めた。最高殊勲選手賞は石川佳純(昭和電工マテリアルズ)が受賞。2部は神戸松蔭女子学院大学が優勝し、後期からの1部昇格を決めた。1部チーム成績と個人表彰、団体表彰は以下の通り。
国内大会情報

【日本リーグ前期】男子は愛知工業大学が12期ぶり2回目の制覇、MVPは田中佑汰が受賞

2021年度日本卓球リーグ前期千葉大会は6月28日に全日程が終了し、男子1部は愛知工業大学が7戦全勝で12期ぶり2回目の優勝を決めた。最高殊勲選手賞は出場試合をすべて勝利した田中佑汰(愛知工業大学)が受賞。2部は信号機材が優勝し、後期からの1部昇格を決めた。1部チーム成績と個人表彰は以下の通り。
国内大会情報

【日本卓球リーグ】第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会結果 全カテゴリー初優勝

第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会が熊本県立総合体育館で4月19日から22日の日程で行われた。結果は以下の通り。
国内大会情報

【日本リーグ2部後期】男子はクローバー歯科カスピッズ、女子は百十四銀行が1位となり次年度前期1部昇格決定

2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会は13日に2部最終日を迎え、男子がクローバー歯科カスピッズ、女子は百十四銀行が1位となり、共に2021年度前期大会1部昇格を決めた。なお、今回に限り1部7位と2部2位の入れ替え戦は行わない。
国内大会情報

【日本リーグ1部後期】男子は協和キリン、女子は中国電力が優勝

2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会は15日に最終日を迎え、1部は男子が協和キリンが2017年度後期以来15回目、女子は中国電力が2019年度後期に続き3回目の優勝を決めた。 最終順位は以下の通り。
国内大会情報

【日本リーグ初日】男子2部はクローバー歯科カスピッズと朝日大学が4連勝で好発進

2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会は11日に開幕。男子2部は各チーム4試合を消化し、クローバー歯科カスピッズと朝日大学が4連勝で好発進した。各試合の結果は以下の通り。
国内大会情報

【日本リーグ】2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会開催決定

日本卓球リーグ連盟は、11月11日より熊本県立総合体育館で予定していた「2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会」を、24日の会議で正式に開催決定とした。今後の政府発表や国内感染状況次第では直前で中止の可能性もあることもあわせて発表した。男女1部のホームマッチは、すでに6月5日の理事会にて行わないことを決めている。
国内大会情報

【日本リーグ】2020 年度前期日本卓球リーグ三重大会開催中止

日本卓球リーグ実業団連盟は新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、5 月 20 日~24日で開催する予定の2020 年度前期日本卓球リーグ三重大会の中止を発表した。
国内大会情報

【日本リーグ】日野自動車が「キングフィッシャーズ」をチーム名称に

日本卓球リーグに所属する日野自動車が、チーム名称を「日野自動車キングフィッシャーズ」として、今シーズンから活動することを発表した。
国内大会情報

【卓球・日本卓球リーグ】日立化成が愛媛銀行を下して白星発進

2019年度後期日本卓球リーグ女子ホームマッチが7日に松山市総合コミュニティセンターで行われ、日立化成が愛媛銀行を3-0のストレート勝ちを収めた。